911

おはようございます。Lionです。

同僚、短縮ダイヤルするのに#と間違えて1つ上のボタン、9を押してしまったようです。つながった先は911。日本で言う119番です。間違えました、ごめんなさいと電話を切ったようですが、こういうときは向こうからまた電話がかかってきます。それに出なかったり、大丈夫とか、何かちょっとでも怪しいと思われることがあると警察が来るようです(と夫はいつも言ってます)。

例えば、DVなんかでありがちななんでもないと言わされる場合。例えば、救急車を呼ぼうと電話まではできたけどその後話せなかった場合、などなど。

今回は会社の代表に確認の電話がかかってきたようです。

ここは帝王切開でも子供の誕生時間72時間後(早い人は48時間)には退院します。私は月曜日の午後2時に帝王切開で出産、木曜日の午後2時に退院、土曜日の12時過ぎに自宅で大量出血し、1時半頃に救急車で病院に戻って1泊しました。

キッチンで出血して夫を呼ぶと、血を見ると焦る典型的男性の夫はすぐに911すると言いました。経験から言います。自分で大丈夫と思ったら、産科トリアージに行ける人は車で連れて行ってもらったほうが早いです。誰かが運転してくれる場合のみ。さすがに自分で運転するのはお勧めしません。

911で電話で状況を説明するのに時間がかかります。その後、5分くらいで消防車が来ます。消防隊員さんは安全靴のまま家に入るので冬ならとっても気になるでしょう。血圧、脈、状況の説明などをタブレットに記録していきます。最初の電話から30分くらいして救急車到着。引継ぎがされて、消防車は帰っていきました。

歩いて救急車に乗り、点滴をされながらウィニペグ市内に2つある産科のある病院のどちらに行くかの話をしました。基本ルールは救急搬送は全員Women’s。私はSt Bonifaceで出産して、何かあったらエマージェンシーではなく3階の産科トリアージに直接来るように言われていて、押し問答をしているうちにWomen’sが今いっぱいなのでSt Bに行くようにという指示がきました。St Bに着くと、ルールなので、とエマージェンシーに一旦連れて行かれ、3階トリアージにこのまま行きたいとエマージェンシーのトリアージ看護師に言って、看護師から救急隊員に指示してもらってやっと3階に連れて行ってもらいました。

この救急搬送は$500でした。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする