【朗報】市民権申請に必要な滞在日数を短縮する法案が上院で可決

Bill C-6 Amending Canadian Citizenship Legislation Passes Senate

C-6 reduces the amount of time permanent residents have to live in Canada in order to become eligible to apply for citizenship, from four out of six years to three out five years. In addition, applicants who spent time in Canada on temporary status — such as on a work or study permit — would be able to count a portion of this time towards the three-year requirement.

現在の法律では、カナダ市民権取得申請条件として、永住権取得後、連続した6年の中で最低4年カナダに滞在している必要があるのですが、それが5年のうち最低3年に短縮される見通し。しかもテンポラリーステータス時に稼いだ滞在日数も合算していいみたい。なのでワーホリやスタディパーミットでの滞在日数も加算できます。ビジターはたぶんダメ(要確認)。

05/07/2017 追記
こちらのサイトで自分がいつ市民権申請できるか計算できます。
Citizenship calculator: Compare Ottawa’s old and new math on when you can become Canadian – The Globe and Mail

私の結果はこちら。法律が施行され次第市民権申請できますね……

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Lion より:

    カナダ人じゃなくて困ることといえば、旦那がリタイヤしたらスノーバードしたいけれど日本人アメリカに90日しかいられないこと。

  2. メエメエ より:

    カナダ人なっといたほうが何かと便利ですよね。もし日本に帰ることになっても元日本人の場合日本で特別永住権得るのは難しくないですし。この法律が施行されたらすぐに市民権申請できるんですよね私。