ファミリークラスでのPR申請 ①

こんにちは。Lionです。2012年11月にウィニペグにVisitorで住みながらPR国外申請をし、2014年2月にPRになるまでのお話です。

PR申請のルールや書類はよく変わるということなので、これから申請する方はこちらを読んでください。

http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/sponsor/spouse.asp

記憶を頼りに2012年のことを書いていきます。

ファミリークラスでPR申請をしようと考え始めたら、上のCICのサイトを読んでください。英語がわからないときはフランス語でも読めます。英語もフランス語もわからない、と言うときはパートナーに手続きをしてもらいましょう。パートナーがなかなかやってくれないときは、この人本当に大丈夫?か考えましょう。パートナーは忙しいだけ…というなら、移民専門の弁護士かコンサルタントを雇いましょう。

ファミリークラスでPR申請をしたいけれど、パートナーがいないという場合。オンラインはいかがでしょう?ウィニペグではオンラインで出会って結婚したカップルも多いです。事件になるトラブル、ならないトラブル、いろいろあると思いますので、そこは大人の自己責任でお願いします。

PR申請をするということはカナダに住むということなので、英語やフランス語に不安がある場合には語学の勉強を始めましょう。

ウィニペグに引っ越してきて夫の仕事が3日後から始まったので、PR申請の書類は私が書きました。暇でしたからね~。結婚式や婚約パーティーについて書く欄がありました。私達はどちらもやっていないので、結婚式は日本ではやらない人も多い、婚約パーティーはそんな習慣はない、とだけ書きました。

それぞれの家族に結婚前に会ったか。会ってません。結婚してから私の家族と夫は初めて会って記念写真を撮りました。面倒だったし、親とも喧嘩したけれど、PR申請につける写真が増えてよかったです。夫家族とは結婚して半年後、アメリカに引っ越す前にウィニペグに寄ったときに会いました。おじさん、おばさん、いとこたちとその子供たちまでファミリー大集合してもらったのですが、誰も写真を撮ってない。1枚もなかったんです。2人で行った旅行、新婚旅行、2人で写ってる写真はほとんどありません。お互い交代で撮ってたんですね。PR申請では写真も出すので、2人の写真、ファミリーの写真など記念写真は時々撮っておきましょう。ファミリーの写真はカナダに引っ越した直後、Thanksgivingで集まったときにPR申請用に撮りました。提出したのは10枚くらい?Facebookのスクリーンショットがほとんどかもしれません。日付も入っているし、友達もコメントしているし、いいかなと思ったので。プリンターで印刷しただけです。

2人のエピソードを書くところもいくつかありました。足りないときは別紙にとありましたが、すべて枠内に。別紙になったのは確か職歴と住所暦。18歳からの住所を全部書くのはかなり大変でした。カナダに留学していたことがあったので、その入出国と矛盾しないように書きました。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする